意外と恐しい甲状腺の病気|原因や治療法がある

看護師

がんの負担の少ない闘病

nurse

脱毛の対策

がんは血液に乗って全身の臓器や器官に転移し、異常が発生する疾患です。主にがん治療では大きくなった悪性腫瘍を手術で取り除いたり、抗がん剤を使うことが多いです。抗がん剤の治療では、多くの方に脱毛の副作用が現れます。負担を少なくしながらがん治療を進めるには、脱毛作用とどう向き合うかが大切です。脱毛の対策として最も役立つのは、事前にかつらを作っておくことです。脱毛が起こってからすぐにかつらを使いたい場合、抗がん剤治療が始まる前にかつらを作りましょう。副作用が出始めてからでもいい方は、毛髪が全体的に抜け落ちた後にかつらを作ることでフィットしたものを使えます。以上のように、脱毛のタイミングに合わせてかつらの使用開始時期を調整する工夫が大切です。

脱毛の仕組みとは

がん治療における脱毛の副作用は、抗がん剤が細胞全体に影響を与えるために起こります。抗がん剤はがん細胞を中心に攻撃しますが、正常な細胞も攻撃してしまいます。そのため、通常の毛髪の成長が阻害されて脱毛が起こります。特に女性においては審美的に気になる副作用であるため、医療機関でも脱毛に対してのアドバイスががん治療と併せて行われます。副作用では頭皮の痛みが生じたり、眉毛などの他の部位でも脱毛が起こることがあります。しかし、治療が進むにつれて回復していき、髪質も2年から3年で元の状態に戻ります。そのため、副作用に関する正しい知識を持って悲観的にならないことが重要です。身体の副作用に注意するとともに、精神的なケアも必要なのががん治療の特徴です。